電子給与明細の法律

電子給与明細についての法律を徹底解説

電子給与明細にまつわる法律

電子給与明細にまつわる法律 近年、多くの会社で導入が進んでいる電子給与明細。
電子給与明細に最も強く関係する法律が所得税法です。
ここでは、雇用者に対して給与明細書を交付する義務が課せられています。
この法律には、従業員が雇用者に給与明細を請求された場合は書面で交付する必要があるとも定められています。
他に電子給与明細に関連する法律としては、労働基準法や健康保険法、厚生年金保険法、労働保険徴収法を挙げることができます。
労働基準法では雇用者に賃金台帳を整備する義務が課せられていますが、給与明細交付に関する記述はありません。
後者では、保険料控除の計算書を整備する義務が雇用者に課せられていますが、書面で交付することに関する記述はみられません。

従業員の同意ルールとは?

電子給与明細は法律的にどうなの?従業員の同意ルールとは? 電子給与明細は法律的に問題ありません。
労働基準法108条には「賃金台帳を整備する義務」がありますが、必ず紙の給与明細を交付することとまでは書かれていないので、電子給与明細でもOKです。
所得税法では「給与の支払いを受けるものに支払明細書を交付しなければならない」と定められていますが、紙の明細書が必要との記載はないです。
結論を言うと、給与明細の発行は必須だが、紙である必要まではないということになります。
しかし、所得税法には「従業員が同意すれば電子でもかまわない。
書面での交付を請求されたら応じなければならない」とあることに注意が必要です。
つまり、電子化するためには全従業員の同意を得ておくことが必要です。
さらに、いつでも紙の明細書を交付できる状態にしておくことが求められます。
電子化には印刷費などのコストを削減できる、保管しやすい・場所をとらないなどのメリットがあります。
一方で情報漏洩リスクがあるのでセキュリティ対策をしっかりしておかなくてはなりません。
また、従業員の同意が必要なので、同意しない従業員がいる場合にはかえって手間が増すことがあります。
書面での交付を請求されたら応じる必要があるので、たくさんの従業員が印刷をしたら印刷費などのコストは削減できないというデメリットなどもあります。

電子給与明細情報サイト

電子給与明細のことはご相談ください

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 法律」
に関連するツイート
Twitter

料金高すぎておかしい!(保険&明細渡してる)、説明足りない!(total 1.5h説明済み)、納得できません支払い拒否します!→ でも予約取ります!(もう診れません)→そんなのおかしい! 法律なんとかしろ

まぁ正直見せるなっていってる給与明細を見せ合いっこして他人との比較で不満を持ち法律無視して今すぐ辞めるとか言い出す人間は居てもらった方が迷惑なんだよね。 他人との争いの目にもなってたし、居なくなった後のやり様はいくらでもあるから早めに揉めずに辞めてくれて良かったわ。

返信先:他1給与明細の項目を法律で決めればいいんです。基本給が手当より少ない会社結構あります。論外ですよ。

家賃払われてませんよ!? 訴えますよ!?って手紙きて「!?追い出される!?いや、待てよ。明細あるな。払ってるな」って電話したら「入金確認出来てます。払ってください。異議申し立ては法律事務所へ」って言われて「!!!!?は!?!?」ってなってる。

返信先:給与明細を発行することは法律で定められてるので、発行してないのは明らかな違法行為なので 会社で発行が難しいとかでごねる場合は 税務署や労働基準監督署に相談してください