電子給与明細の法律

電子給与明細についての法律を徹底解説

電子給与明細にまつわる法律

電子給与明細にまつわる法律 近年、多くの会社で導入が進んでいる電子給与明細。
電子給与明細に最も強く関係する法律が所得税法です。
ここでは、雇用者に対して給与明細書を交付する義務が課せられています。
この法律には、従業員が雇用者に給与明細を請求された場合は書面で交付する必要があるとも定められています。
他に電子給与明細に関連する法律としては、労働基準法や健康保険法、厚生年金保険法、労働保険徴収法を挙げることができます。
労働基準法では雇用者に賃金台帳を整備する義務が課せられていますが、給与明細交付に関する記述はありません。
後者では、保険料控除の計算書を整備する義務が雇用者に課せられていますが、書面で交付することに関する記述はみられません。

従業員の同意ルールとは?

電子給与明細は法律的にどうなの?従業員の同意ルールとは? 電子給与明細は法律的に問題ありません。
労働基準法108条には「賃金台帳を整備する義務」がありますが、必ず紙の給与明細を交付することとまでは書かれていないので、電子給与明細でもOKです。
所得税法では「給与の支払いを受けるものに支払明細書を交付しなければならない」と定められていますが、紙の明細書が必要との記載はないです。
結論を言うと、給与明細の発行は必須だが、紙である必要まではないということになります。
しかし、所得税法には「従業員が同意すれば電子でもかまわない。
書面での交付を請求されたら応じなければならない」とあることに注意が必要です。
つまり、電子化するためには全従業員の同意を得ておくことが必要です。
さらに、いつでも紙の明細書を交付できる状態にしておくことが求められます。
電子化には印刷費などのコストを削減できる、保管しやすい・場所をとらないなどのメリットがあります。
一方で情報漏洩リスクがあるのでセキュリティ対策をしっかりしておかなくてはなりません。
また、従業員の同意が必要なので、同意しない従業員がいる場合にはかえって手間が増すことがあります。
書面での交付を請求されたら応じる必要があるので、たくさんの従業員が印刷をしたら印刷費などのコストは削減できないというデメリットなどもあります。

電子給与明細情報サイト

電子給与明細のことはご相談ください

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 法律」
に関連するツイート
Twitter

だって、いま法律変わって夜勤で残業すると残業代1.7倍ですよ!?!? 派遣雇ってるのとそう変わんないじゃん そら給料明細もどえらいことになりますわ、、、 💰️💰️💰️

期限の延期でその対効果で数字化してみろよ それですり抜けてもおかしいものはおかしいねんて 税金から生まれた現金を消すために生まれた税金が資財として明細なく使えるのは法律で定められている訳でも無いし バルチックカンタービレ

また民間企業で収支を無記載で脱税して追徴課税を受けた社長がいるけど、政治家は頑なに使途明細を出さず政治資金だとの一点張り。政党の上層部が「政治資金として使った"筈"」と曖昧さの有る表現ばかりで、党として把握と管理が成されてないのだろう。法律を作る政治団体としての資格など無さそうだ。

これ現金払いは何一つ悪くはない。なんなら口座振込がイレギュラー対応で現金払いが基本です。あくまでも法律上は。 ダメなのは内訳を示した給料明細とか源泉徴収票を渡してないこと。 これは法律違反

自民党だけを責めているけど、他の政党も法律とかルールとか置いといて、自ら領収書と使途明細公開したらいいやん。